□2019/05/18 (Sat)  - 5-3

自分は就寝時に音楽やら何やらを聴くことが多いので
それ専用の安いイヤホンを用意しているのですが、
やはり着けたまま寝ることでコードがダメージを受けやすく
通常使用のイヤホンと比べて3倍のスピードで
被覆の裂けなどが生じてしまいます。

安物なのでその都度買い替えれば良いのですが
そこは貧乏性の化身とも呼ばれる自分ですので、
せめて断線するまでは使いたい、
むしろ断線しても2、3回くらいまでなら修理して使いたい。
で、そうなると被覆の裂け程度はちょいちょいと補修して
ダメージが広がらないようにしてしまえば余裕でセーフなわけです。

とはいえ、一番手っ取り早い絶縁テープでの補修ではベタベタしてしまうし、
熱収縮チューブはコードを切断しなければ損傷個所まで通せないので使えない。
そこで活躍するのがシリコン系のコーキング剤や水性形の接着剤。
これで被覆の裂けを埋め、更に周辺を覆ってしまえば
補修と補強ができるって寸法です。

現在使用している就寝用イヤホンも買ってから結構時間が経ち
コードが固くなりはじめたようで、先日気が付いたら2か所ほど
被覆が裂けておりました。
早速、水性の木工用ボンドで補修をしたのですが、
その際いつもより多めのボンドを使用し厚めの被膜を形成するように仕上げました。
こうすることでボンドが固まった後に適度な柔らかさが残り、
補修部分の曲げにもある程度対応できるようになるのです。
時間をかけて乾燥させ、滑らかで光沢のある見事な仕上がりに
我ながら満足していたのですが本日あることに気が付きました。
気が付いたというか、寝起きでイヤホンが視界に入った時に
驚いて 「ヴぇ!?」という奇声をあげました。

白濁した半透明の粘度のある液体がイヤホンコードに絡みついているようにしか見えない。
というかもうはっきり言ってしまうと、どう見ても精〇です。

このように見た人にあらぬ誤解を与えてしまう可能性があるため、
一人暮らしで且つ室内専用という場合を除き、
木工用ボンドで補修したイヤホンの使用はおすすめできません。
良い子のみんなも気を付けよう。


[メガドラミニ]
先日の収録タイトル第三弾発表の配信を観ました。

これ、さてはウルフ枠ないな?

最後(第四弾)の発表は来月らしいです。
一縷の望みに賭けましょう。


[明日は沙綾の誕生日]
何か描きたいところですが時間の都合でちょっと難しそうです。
無念なり。
設定上進級したので今年の誕生日からは17歳ですな。
17歳…… 高校2年生…… 良いですな。(何が)
少し早いですがおめでとうございます。





 □2019/05/11 (Sat)  - 5-2

昨日、今日と軽く夏っぽい雰囲気すらありましたが、
日が落ちると気温も下がってまだ半袖1枚ではきつい感じですな。
日や時間による気温の差が激しいので
みなさまも体調を崩さないようお気を付けください。


[閃輝暗点]
最近、閃輝暗点(せんきあんてん)が頻発するようになりました。
字だけ見るとバトル漫画の必殺技名か邪気眼系中二病の用語のようですが
そんなカッコイイ(?)ものではなく
簡単に言うと一時的に起こる視覚の異常です。

症状としては、視界に光るギザギザのブーメラン状(三日月状)のものが
見えるようになり、その状態が一定時間続くというものです。
“光るギザギザのブーメラン” とかいう
小学生並みの語彙から繰り出される意味不明な言葉に

「何言ってんだこいつ……」

と思われることでしょうが、他に言いようがないので致し方ありませぬ。

面白い(?)のは症状が出ると右目、左目どちらにも同じものが見える、
もっと言えば目を閉じてもそれが見えて消えないという点。
要するに目(眼球)の異常ではなく脳の異常なわけです。
片頭痛を併発するとも言われていますが
自分の場合それもないので、今のところ
“眼前で巨大ブーメランがピカピカして1時間ほど目を使う作業ができなくなる現象”
であり、“時間の無駄”の権化としか表現しようのない存在です。

初めてブーメランが発現したのは2、3年前で
その後の頻度は数か月に1回程度でしたが、
今年に入ってから増えている点や
2日連続で起こるようなことがある点が少々気になるので
これが続くようなら時間を見つけて医者に診てもらうことにします。


[平成回顧録]
世に言う令和フィーバー的なものも落ち着き、
新しい時代が本格的にスタートしたことを実感する
今日この頃ではございますが、先日知人から
「平成のバイクに乗らない(所持しない)まま平成を終えたんじゃないか?」 と
尋ねられました。
いや、さすがにそんなことはないだろうと振り返ったところ、
自分が現在までに乗ってきた(自分の名義で登録・所持した)バイクで
年式が最も新しいものは、現在の2号機であるKS-2ちゃん(1987年=昭和62年)でした。

マジか……(=w=;

ちなみに最も古いものは現在の1号機であるザッパーさん(1977年)です。
いつか平成のバイク、令和のバイクを
自分の相棒として選ぶ時が来るのでしょうか……

来ないような気がします(笑)





 □2019/05/04 (Sat)  - 5-1

令和元年を迎え、初の雑記でございます。
ご挨拶が遅れましたが今後とも宜しくお願いいたします。
令和という新しい時代がみなさまにとって
幸多きものとなりますようお祈り申し上げます。


[Beginning of 令和]
というわけで始まりました。
令和です。
“新たなる時代のスタートに合わせて心機一転!” といった具合に
勢いでスパッと気持ちを切り替えていくべきところなのかもしれませんが、
そうもいかないあたり自分も年をとったということなのでしょう。

時代に合わせる努力を怠らないこと、
時代に取り残されないよう知識や技術を磨くこと、
こうした新しい時代への順応は必要不可欠であり、
自分もこれを令和の課題として捉えています。
新しい時代の中で得るものがその時代を生き抜く
大きな力になることは間違いありません。
一方で、自分がこれまでの時代の中で得たものもまた
この先の時代を生きるために欠かすことのできないものです。
故に平成に置いていくものなど何一つありません。
昭和から背負ってきたものも、平成で得たものも、失ったものへの想いも、
報いるべき恩も、晴らすべき恨みもその全てを自分は令和に持っていきます。

自分が尊敬する昭和・平成を生きた人たちが
最後まで自身の生き方を曲げなかったように、
自分も自身の生き方を貫き、
そのうえでこれから訪れる時代が
自分自身と自分に関わってくれた人たちにとって
より良いものとなるよう、その実現に向けて
日々精進いたします。


[ゴールデンなんとか]
突入と同時に、前々からやろうと思ていた
PC周りの環境整理(主にソフト面)を始めたのですが
思いの外時間がかかってしまい、ほとんどこれで潰れました。
知人と会ったりちょっとした買い物に行ったりした以外はほぼインドアDeath。
ここまできたら、残りの2日も大掃除と模様替えによる
作業場の環境整備に充てる予定です。
後の快適さをGWという時間で買ったと思えばまぁ良し。(負け惜しみ)


[ドリフェス沙綾]
ガルパをプレイしていれば避けては通れない、
いつか必ず向き合わなければならない、
そんな決戦の日がついに来てしまいました。
ドリフェス限定沙綾の実装です。

で、結果ですが

勝ちました。

貯めていたスターのみできてくれました。

数十年間ク〇みたいなくじ運で生きてきた反動なのか、
今までためてきたくじ運がここ1、2年で開放されてるのか、
はたまた、連休に部屋に篭ってゲームをしているおっさんに対する
心優しいパン屋の娘の慈悲なのか、
とにもかくにも沙綾ありがとう、ありがとう沙綾。





 □2019/04/27 (Sat)  - 4-4

なんか寒いんですが……(=w=;

去年の今頃から嫌というほど聞いてきたフレーズのせいか
若干安っぽい言葉と化してしまい、あまり自分では使いたくないのですが、
事実なので使わざるを得ない "平成最後" の雑記です。


[End of 平成]
サイト的な平成のまとめを…… といきたいところですが、
そもそも開始(平成10年)から今まで丸々平成なので
それをやろうとすると大ごとです。
この度は割愛させていただきます。

Webの景色も様変わりし個人運営のサイトも減っていく中で、
今もサイトを訪れてくださる方々がいらっしゃること、
長い間サイトを見てくださっている方々が変わらず接してくださること、
みなさまからのご厚情、感謝の念に堪えません。
今後とも宜しくお願いいたします。


[〜から本気出す]
今や 「ここまでは実力を出し切っていない」 という言い訳や、
「今後もその実力とやらを出す気はない」 という駄目な方向の意思を
冗談めかして伝える表現になりつつあるこの言葉。
自分も 「明日から本気出す」、 「来週から(略)」、 「来年から(略)」 と
事あるごとに口にしてきました。
勿論、文章上冗談として使うことがほとんどでしたが、
一方で "最善を尽くすこと"、"鍛錬を怠らないこと" を
自身の中での "本気" と定義し、
そうあるように心掛けていたことに嘘はありません。

しかしながら、絵を描く、ものを作るという点において
本来自分が "本気" と呼べるものは
"自分自身が作り出したキャラクターを描くこと"、
"そのキャラクターを動かすこと" であったはずです。
故にここ数年の間、その実行を妨げる問題を抱えた状態にありながら
「本気を出す」 という言葉を口にしていたことは
事実上、自分を応援してくださる方々を欺いていたことに他ならず、
この点については心より申し訳なく思っています。

全ての問題を解決するには時間を要し、
自分が真にみなさまに見ていただきたいものを
形にできるのはまだ先のことになるかもしれません。
しかし、"キャラクターを描くこと" を取り戻した今、
これを武器にこの先も闘っていく、その覚悟を示しておくためにも
ここは敢えて言葉にしておきたいと思います。

令和から本気出す。

事を成し、みなさまからの信頼を取り戻せるよう尽力いたします。


それでは本日はこれにて。
令和でお会いいたしましょう(=w=





 □2019/04/20 (Sat)  - 4-3

ようやく春らしくなったというか、春が戻ってきたというか、
気温も落ち着いてきたようで何よりです。
花粉も順調にパワーダウンしつつあり、現状のダメージは軽微。
もはや恐るるに足らず、です。
雑魚が!(後で痛い目を見るフラグ)
溜まっていた洗濯やら布団干しやら掃除やらを片付け、
人間らしい環境(部屋)を取り戻したので、
本日は気分良く春のひと時を過ごすことができました。


[携帯電話料金のあれやこれや]
さすがにそろそろ、 "「武力 〜BURIKI ONE〜」 の スポンサーだったから"
という謎過ぎる理由で某社を使い続けることには
限界がきているような気がしますが、
実家のほう(山)に帰った時のことを考えると使わざるを得ない。
田舎者に選択肢はない。


[眼鏡祭り]
今回のガルパの追加イラスト、めがねめがねしていて(謎日本語)良いですね。
というか、ガルパはゲーム内外での眼鏡力が割と高いので
運営・開発チーム内に一大眼鏡勢力が存在すると睨んでいます。


[ご近所バイク事情]
最近、土日になるとどこからともなく空冷4気筒のエンジン音&排気音が
聞こえてくるような気がしていて、はじめは禁断症状による幻聴だと
思っていたのですが、本日、裏の家の人がゼファー1100で帰宅するところをみかけました。
自分の耳と頭は大丈夫でした。

こちらのゼファー乗りの方は、おとなしめのマフラー装着で、
エンジンも家の手前で早めに切るなど、近隣への配慮がある
ジェントルマンなので好感が持てます。
一方で、昨年近くに引っ越してきたnotジェントルな学生君が困りもの。
音量音質ともにアレな武川のマフラーを付けた
原付二種で夜中もおかまいなしに出入りをするので、
自分が十数年間おとなしく過ごすことで築いてきた
ご近所様からのバイク乗りに対する信用も薄れつつあることでしょう。
最近なかなか乗る機会がありませんが、音の問題には
これまで以上に気を付けなければならないと思っています。


[紹介](一定の期間のみ記載)
以前お仕事でお世話になった方(作者様・原作者様ではありません)が
制作に携わっておられる漫画が、Webコミックサイト COMIC MeDu にて
公開されているようなので紹介をさせていただきます。
年齢制限はありませんがスプラッター要素等が含まれますのでご留意ください。

⇒「実験地区13」


今週は以上です。
来週は待ちに待ったゴールデンなんとかです。
10日間家に篭って描き続けるのみDeath。






new▽/△old
□ script by az*